サンプル画像

白物家電

白物家電とは主に、家事の負担を軽減するために開発された、生活する上で欠かすことのできない家電製品全般のことをいいます。発売当時から冷蔵庫、洗濯機などは清潔感を演出するために外観を白で作ったものが多く、外観が黒色が多いテレビなどのエンターテイメント製品と区別する意味で白物家電と広く呼ばれるようになりました。

韓流(韓国)映画・ドラマの情報のサイトです
スカパー!JSAT

三種の神器

1950年代後半、日本では高度経済成長時期に生活必需品として冷蔵庫と洗濯機が急速に一般家庭に普及していき、白黒テレビと合わせて「三種の神器」と呼ばれ、日本のほとんどの家庭に浸透していきました。ちなみに1960年代半ばのいざなぎ景気時代の「新三種の神器」はカラーテレビ、自動車、クーラーのことをいいます。そもそも「三種の神器」とはもともと日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のことで、天照大神から授けられたという鏡、剣、玉のことをいいます。当時のマスコミが新しい生活必需品として、それになぞらえ考えた、優れたキャッチコピーです。

白物家電の現在

現在も白物家電は進化しています。より簡単な操作、簡単な手入れ、細やかな機能性、省エネ、静音などなど。主な白物家電の動向、方向性、タイプなどそれぞれ見てみましょう。